乳がん治療後に求める技術|老けて見えやすいほうれい線は治療で治る時代

老けて見えやすいほうれい線は治療で治る時代

乳がん治療後に求める技術

バスト

再びバストを実感

乳がん患者の増加に伴い、乳房再建が注目を集めてくるようになりました。乳房再建は、乳がんによりバストを失ってしまった人に新たに再建していく手術です。乳がん治療後に安全性を確認しながら行われるため、安心して受けらるようになっています。この乳房再建の治療では、人工のシリコンバッグを挿入していく方法と、自身の脂肪を注入する方法とにわかれます。大きさを出したい場合はシリコンバッグが適しており、体内の挿入でも問題のない素材が使われ、理想のバストが目指せます。そして脂肪を使った方法では、体の余分な脂肪を切除してバストに移植していきます。自身の脂肪であるがゆえに安全性も高く、自然な見た目や感触が実感できます。このような乳房再建は美容外科などで行われており、十分なカウンセリングと高い技術で美しいバストを目指していってくれます。

女性らしさを取り戻す

乳がんの治療では、左右片方や両方を全摘する人も少なくありません。最近は温存療法が増えてきましたが、それでもがんを切除する方法はメインで行われています。こうした治療からバストを全部失ってしまう場合もあり、女性としての精神的な辛さも伴ってきます。それを解消していくのが乳房再建であり、再び理想的なバストが実感できるようになれます。女性らしさを取り戻してくれる方法として、乳房再建を希望する人は増えています。乳がんは全世代では特に50代に多く集中しており、最近では40代〜30代の人も目立つようになりました。欧米では乳房再建への取り組みが活発で、精神的な緩和療法としても行われています。バストの左右のバランスを失った場合にも、片方のバストの大きさに合わせて整えてくれます。もちろん、両方を完全に失った場合でも乳房再建は可能です。乳房再建を望んでいる場合は、この治療に特に力を入れたところで受けていくのがおすすめです。