老けて見えやすいほうれい線は治療で治る時代

乳がん治療後に求める技術

バスト

乳房再建とは、乳がんの治療でバストを失ってしまった人のために再びバストを取り戻していく方法を言います。乳房再建を行ってるところは、専門のクリニックや美容外科などがあります。乳房再建はシリコンバッグや自身の脂肪を移植していく方法などがあり、それぞれで特徴的なメリットが実感できるようになっています。

もっと見る

短時間でできる

整形

ほうれい線を目立たなくするヒアルロン酸の注入。安全性の高さと即効性で人気があります。施術時間が20分程度です。日常生活を送りながら行えます。注射だけで済む美容術ですが油断は禁物です。衛生面やヒアルロン酸の質などが重要になります。病院はしっかり選びましょう。

もっと見る

シミを綺麗にする施術

女医

東京では、QスイッチYAGレーザーの施術を受ける人が増加傾向にあります。シミ取りの代表的な施術であるこのレーザー治療は、名前の通り、レーザーをシミに照射します。なので、施術後はアフターケアが必要になります。施術直後は肌がデリケートな状態になっているので、紫外線対策や保湿ケアはしっかり行ないましょう。

もっと見る

頬の境界線

ウーマン

ほうれい線とは、鼻から口の両端に延びる二本の線の事です。頬の境界線として皮膚の上に線ができるのであって、シワの類ではありません。ほうれい線が出てくる事自体に特別な意味はありません。危険な病気のシグナルという訳でもないので、治療を施す必要はなく、日常生活にも支障はありません。主に美容に関する分野で話題に上るものです。ほうれい線ができる最大の理由は、加齢による老化現象です。個人差はありますが、一般的に中年以降になると目立ち始めます。表情筋が衰えた事による弛みが、頬の境界線を目立たせる原因となります。ほうれい線の現れは自然な老化現象と言えますが、女性にとっては外見的な若さを保つ上での天敵とも言え、見た目の年齢を左右する重要な要素の一つでもあります。

ほうれい線は肌および表情筋の老化が原因なので、これらを是正する事によって治療ないし改善する事が可能です。ほうれい線対策は多岐に渡ります。スキンケアにおいては充分な保湿を行い、乾燥の元になるUVケアを重点的に行います。規則正しい生活を行い、身体の新陳代謝を保ちます。睡眠時間の確保は特に重要です。また表情筋の衰えを防ぐ為に定期的なマッサージや舌回し体操などのエクササイズを積極的に取り入れる事なども有効です。この他の手法としては整形手術を行う事によって、ほうれい線を治療するという選択肢もあります。主な治療法は、ヒアルロン酸の注入、高周波治療、肌の弛みを引き上げるスレッドリフト、長期間効果が持続するフェイスリフトがあります。